不倫調査を探偵に依頼する際には、

どのような注意点があるのでしょうか。

 

あまり経験することがない上に、

なかなか気軽に相談できることではありませんので、

気になる人が多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク




 

費用を確認しておく

 

まず探偵に不倫調査を頼むときには、

どれくらいの費用がかかるかというところを確認しておくとよいですね。

 

1日何時間くらい捜査に時間をかけるかによって、

相場が変動します。

 

また追加で料金が発生することもありますし、

探偵会社や依頼内容によって相場は変動します。

 

面倒かもしれませんが、

何社かを訪れて見積もりを出すとだいたいの相場がわかります。

 

 

情報が洩れるのはたいてい依頼者自身

 

また探偵会社に不倫調査を依頼するときに、

内容が外部に漏れてしまうことを心配する人もいるでしょう。

 

実は多くの場合、依頼者自身が対象者に、

探偵を雇っていることを話してしまうケースが少なくありません。

 

その結果、さまざまなトラブルが発生することがあるのです。

 

一度探偵を雇うと決めたら、

覚悟を決めたらどっしりかまえて身をまかせる姿勢が大切になってくるのです。

 

スポンサーリンク




 

不倫発覚後も離婚するとは限らない

 

さらに探偵に依頼をし結果が出たあとは、

どう行動したらいいのか分からないという依頼主もいるのです。

 

精神的に大変な状況で、冷静な判断ができない気持ちは十分わかります。

 

実は不倫調査を依頼したあとは、

必ずしも離婚するというわけではありません。

 

あるデータによると7割の夫婦が元のサヤに収まるという結果があります。

なかには、前以上に絆が深まって、夫婦円満になるケースもあるのです。

 

 

訴訟専門家やカウンセリングがある探偵事務所も

 

さらに、探偵事務所の多くはアフターサポートが充実しています。

 

審査結果の状況によって、弁護士の紹介や専門機関でのカウンセリングなど、

希望内容に応じてさままなアプローチ方法を用意しているところも少なくありません。

 

自分の正直な気持ちを打ち明けることで、よりスムーズに解決へと導いてくれるでしょう。

 

探偵に不倫調査を依頼する際には、

以上のような注意点があります。

 

思いつきで行動するのではなく、

冷静に判断したり自身の心情を整理することが大事です。

 

 

まとめ

 

探偵複数社に相見積もりを取って、費用を確認しておく。

依頼主自身は余計なことはしゃべらない。

訴訟やカウンセリングなどアフタフォローがある探偵事務所もある。

 

スポンサーリンク




 

次の記事を読む⇒ドラマの探偵と現実の探偵の違い(体験談)